ウェルスナビは積立しないと損!元FPが考える理想の積立金額とは?

「ウェルスナビは積立した方がいいのかな?」

「ウェルスナビの積立金額はいくらにすべき?」

このように、ウェルスナビの積立について検討中でしょうか。

 

元FPのヒロとしては、ウェルスナビで運用するなら積立投資をすることを強くおススメします!

 

この記事では、以下の内容を解説していきます。

①なぜウェルスナビをやるなら積立をすべきなのか

②毎月いくら積立てをすればよいのか

この記事を読んで、ウェルスナビで完全自動のほったらかし積立投資を始めましょう!

積立投資をすべき3つの理由

積立投資とは、例えば「毎月25日に1万円を投資する」など、定期的(毎月・毎週)に決まった金額を投資する投資スタイルです。

積立投資のイメージ図は以下をご覧ください。

積立投資には、以下の3つのメリットがあります。

 

①投資のリスクを軽減できる

②日々の値動きを気にするストレスから解放される

③月1万円など少額から始められる

 

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

メリット①:投資のリスクを軽減できる

積立投資の最大のメリットは、投資リスクを軽減できること

そのため、投資初心者でも取り組みやすいのです。

以下では、その仕組みを説明します。

ドルコスト平均法

積立投資は、「ドルコスト平均法」と呼ばれることもあります。

 

積立投資では、価格が高い時も安い時も決まった金額を投資します。

そのため、価格が高いときには少ない口数を購入し、価格が安いときには多い口数を購入できます

 

その結果、積立投資は購入単価を平均化することから、「ドルコスト平均法」と呼ばれています

ドルコスト平均法の仕組みを理解するために、以下の図をご覧ください。

出典:日本証券業協会ホームページ

もちろん、価格が9,000円のときに全額を投資していれば、一定額を積立てるよりも安く買えていました。

しかし、価格が10,800円のときに全額を投資していれば、高値掴みをしてしまっていたことになります。

このように、一度に全額を投資するのはリスクがあり、積立投資には、価格が高いときにたくさん買いすぎるリスクを抑える効果があるのです

メリット②:日々の値動きを気にするストレスから解放される

積立投資の2つめのメリットは、自分で株式投資やFXに取り組むのと比べ、ストレスが少なくて済むということ。

 

ウェルスナビでは、最初に10万円を入金して毎月の積立金額を設定するだけで、後は自動で毎月積立が行われ、ウェルスナビが勝手に運用してくれます

その一方で、自分で投資を行う場合、投資した銘柄の日々の値動きを気にしながら投資することになります。

投資初心者の方はなかなか想像つかないかもしれませんが、このストレスは結構大きいです。

 

ヒロも、株式やFXをメインに投資していた頃があるのですが、含み損を抱えることもあり、結構ストレスが大きかったです。

今のように積立投資メインに切り替えてからは、そのストレスから解放され、本業やプライベートに集中することができています。

 

そのため、特に投資初心者の方は、投資について一から勉強して自分で投資をするよりは、ウェルスナビでコツコツ積立投資をする方が、心理的に楽なのでおススメです。

メリット③:月1万円など少額から始められる

積立投資の3つめのメリットは、少額から始めることができるので、投資初心者でも投資を始めやすいということです。

 

投資初心者の方にとって、例えばいきなり100万円を投資するのは勇気がいると思います。

ウェルスナビの場合は、最初の10万円が最低投資額で、毎月の積立も月1万円から始めることができます。

そのため、ウェルスナビでの積立投資は、特に少額から投資を始めたい方におススメの投資手法と言えます。

積立投資のデメリット

ここまで積立投資のメリットを見てきましたが、デメリットはないのか?と気になる方もいると思います。

 

実は、積立投資にもデメリットがあります。

それは、次の2点です。

①価格が下がり続ける商品に積立投資をすると、利益が出せない

②ある程度長く続けないと、大きな効果を得られない

 

詳しく見ていきましょう。

デメリット①:価格が下がり続ける商品に積立投資をすると、利益が出せない

せっかく積立投資を行ってリスクを軽減できたとしても、価格の下がり続ける商品を選んでは損失が増えていくだけです。

 

そのため、中長期的に価格が上がりそうな商品を選ぶ必要があります。

では、中長期的に価格が上がりそうな商品とは何でしょうか。

 

それはズバリ、世界株式です!

なぜなら、世界の経済は年平均3%以上成長しているからです。

もちろん、リーマンショックのような金融危機で成長率がマイナスになることもあります。

しかし、人口が増加し、テクノロジーが発展し続ける中で、平均すると成長し続けているのが世界経済なのです

出典:ウェルスナビホームページ

ちなみに、ウェルスナビでは以下の6~7銘柄で世界中に分散投資を行っています。

そのため、ウェルスナビでの積立投資は、世界経済の成長の恩恵を受けることができ、中長期的には値上がりが期待できる投資であると言えます。

そのため、「価格が下がり続ける商品」というデメリットはそれほど問題になりません。

デメリット②:ある程度長く続けないと、大きな効果を得られない

積立投資を行ったとしても、それを短期間で終わらせてしまっては、効果が出にくいです。

これが2つ目のデメリットです。

 

逆に言えば、積立投資は長期間続けることによって大きな効果を得ることができます

そのことを理解するために、次のグラフをご覧ください。

出典:ウェルスナビホームページ

 

上のグラフは、「1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつウェルスナビで積み立てていった場合」のシミュレーション結果です。

2000年台前半のアメリカのドットコムバブル崩壊や、2008年以降のリーマンショックなどで一時的に資産を減らした時期もありますが、長期で見ると146%(年率6%!)のリターンを出していることが分かります。

 

ウェルスナビで積立投資を行う場合は、基本的に10年以上積立を行う想定で取り組みましょう

 

このように、積立投資にもデメリットはありますが、ウェルスナビの場合、長期的な目線で取り組めばデメリットにはならないことが分かりました。

そのため、ヒロとしてはやはりウェルスナビの積立投資がおススメです!

ウェルスナビの積立額はいくらにするべき?

ここまで、積立投資のメリットとデメリットについて説明してきました。

では、次にウェルスナビで積立投資を行う場合、積立金額のおススメの決め方をお伝えします。

 

それは、「途中でキツくなって止めてしまわない金額で、でもちょっと背伸びをした金額」に積立金額を設定することです。

 

デメリットの項目でも述べたように、途中でやめてしまっては積立投資の意味がありません。そのため、毎月の積立は続けられる範囲にするべきです。

しかし、少しは背伸びをしないと、資産が目標金額に到達するのは難しいのではないでしょうか。

 

そのため、大切なのは、目標から逆算して、「毎月〇万円を将来のために投資する」と決めることです。

その結果、必要な積立額が月1万円なのであれば、月1万円でもよいと思います。

投資できるお金がないのであれば、収入を増やすか支出を減らして、投資のための資金を増やしましょう。

 

今行動するかどうかが、老後の生活の豊かさを決めることになります。

少し古いですが、「今でしょ!」ってやつですね。

将来のことを考えて、毎月の積立金額を決めましょう。

まとめ

この記事では、ウェルスナビで積立を行うべきか、また、積立金額をいくらにすべきなのかという考え方をお伝えしました。

 

ヒロ的には、ウェルスナビでの積立投資は非常におススメです。

投資資金が少ない方は、初期投資額の10万円と、月1万円の積立から始めてもよいと思います。

 

あなたの明るい将来に向けて、ヒロと一緒に、ウェルスナビで完全お任せの積立投資を始めましょう。

 

ウェルスナビのお申込みはこちら↓↓

WealthNavi